2012年5月11日金曜日

NOzbeクリエイティブ仕事術 2章 inboxって何だ?




Posted by Picasa
聞き慣れないNOzbe(ノズビー)。

これ、簡単に言うとToDoリスト。

PCやi Pad,Andoridなどのデバイスでも操作でき、複数持った場合情報は自動同期される。

つまり、NOzbeはPCでも携帯でも同じ画面が表示されるのだ。

でもNOzbeは、ただのToDoリストではないらしい。

浮かんだ言葉やアイデア、気になっていること、買い物などすべきことをNOzbeにインプット。

それに文書やコンテキスト(アイコン)などを様々な情報を付加して、行動とプロジェクトに振り分ける。

そのアイデアを入れる箱がinboxというもの。

いったん情報はinboxにいれる。

日時や行動などを決め>>”次の行動”に情報を移す。

一方、inboxにいれたKeyWordがプロジェクトの場合>>プロジェクトの箱に移し、詳細の項目を差し込んでゆく。

つまり、プロジェクトはアイデアを出す、ワークスペースといえる。

アイデアはプロジェクトのTAGを付けた場合、EvernoteやDropBoxから引っ張り出すことができる。

この一連の流れの手法はGTD Getting Thing Noneといい、デビットアレンが考え出した。

PCは情報という洪水という中にあり、気を許せばついついNetなどを見て、計画以外の時間に費やしてしまいがちだ。

アイデアは、出来ることが浮かぶそうだが、素早く記録しなければ忘れ去られてしまう。

先送りの要素は、やる気の欠如ではなく、手法にあるとおもう。

アイデアはその中身と要素(行動なのか、計画なのか)を分類すること、そして要素を計画するうえで、情報収集が必要だ。

この進化したNOzbeというGTDは、集めたEvernoteやDropBoxの情報を、PCのNOzbeのワークスペースに呼び出すことができる。

ありがたいことにGoogleスケジュールと連動し、カレンダー表示はもちろん、設定すれば「次の行動」をメールでも知らせてくれる。

つまり、NOzbeに打ち込めば、1年後このブログでNOzbeの内容を更新することも可能なのだ。

小さなことでも行動すれば、達成感を味わえ生産性は確実に上がる。

そして行動はリズムを伴い、先に予定を埋めるという習慣も身につきそうだ。

予定が決まれば、やることをこなしさえすればいい。

ZOzbeというツールによって未来にいイメージを持ち、それに向かって努力することができれば、毎日がわくわくして過ごすことができる。

このGTD知れば知るほど、可能性を秘めたツールであることが分かる。

広告>おもしろいITビジネス。



0 件のコメント:

コメントを投稿

学習計画と実績表

学習計画と実績表
Google Docを使用しました。