2011年1月20日木曜日

7つの習慣 演習ノート。

Fkanklnとの出会い。

聖書のような分厚い、革製のバインダー。

それがフランクリン デイプランナーだ。

今から13年前に、私はある方からこの手帳を教わった。

このプランナーは、マネジメントや行動計画をするだけのものではない。

「システム手帳」は時代とともに進化してきた。

世の中にはたくさんのビジネス手帳が存在する。

だがこのフランクリンのシステム手帳は、他の手帳と一線を隔す。

フランクリンの面白さを知った人は、使い始める。

その面白さにとりつかれるえる。人によっては、一時使うのをやめる方が多い。

私もその一人だ。

そしてまたユーザーは、フランクリンに戻ってくる。

その理由は、「自分の人生をなんとかしたい」と思うからなのではないだろうか?


「演習ノート」には

人間の行動は価値観によって決定される。人生を変えるには、この価値観を変える必要がある。

何がほしいか、どうありたい、何がしたいか?

そんなことを自分と向き合い、1つずつ価値観を作ってゆく。

そんなことが書かれてある。


ベストセラー「7つの習慣」は150万部を売り上げ、世界中でも200万部を売り上げた。

ビジネスマンにおいて、行動を決定する時間は静かな自分との対話の中から生み出される。

フランクリンでは、「出来事は時間から成り立っている」としている。

その出来事が価値観と重なっているとき、充実感が味わえるという。

行動をチェックするたびに、自分自身に何かが加わってゆくような感じがする。

書籍「7つの習慣」は,533ページに及び、かなりの情報量がある。

最近発売されたワークBOOKの「7つの習慣 演習ノート」では、質問に対して書き込みながら学んでゆく形式だ。

昨日、私もワークBook「演習ノート」を書いてみた。

「今まで一番印象に残った本は?」「もう一度会うとしたら、誰に会いたい?」など楽しい質問が載せてある。

私は、もう1度Flanklinにトライしてみようときめた。

限られた時間を有益なものに投資するために。
Posted by Picasa

0 件のコメント:

コメントを投稿

学習計画と実績表

学習計画と実績表
Google Docを使用しました。