2011年8月9日火曜日

アメリカの病院ではお薬の代わりに音楽が処方される。











ヘミシンクとは特殊音源を使う音楽ガイダンスである。

ロバート・モンローの開発した、このヘミシンクは右脳と左脳のバランスを保ち、脳波を安定させる。

この音源を取り扱うモンロー研究所はこの技術によって、さまざな分野に多大な貢献をした。

医療、学習、ビジネス、介護などの福祉、そして薬で治療が難しいとされている精神医学などにおいても目覚ましい効果をあげた。

多くの臨床データがそれを証明している。

精神病という難解な社会問題は闇に葬られ、日本の病院においては実際のところ有効なてだてが見つからない。

精神病というと大人たちが多いのだが、実際の病棟には数多くの子供たち存在がある。

一概には言えないが、病気の回復すすてだてはなく、薬害による2次的な弊害もある。

その聞き慣れないヘミシンクは、次第に多くの研究者の関心事となった。

技術者、教育者、医師、心理学者は、その効果に驚きヘミシンクの研究に取り組むようになった。

すでに世界では、20万人以上が薬剤から開放された。

バイノーラルビートやピンクサウンドなどをくみあわせ、精神や肉体をリラックスさせる音源は、複雑だと言われる人間の感情や知能に大きな影響を与える。

自分自身を理解しコントロール術は、学習システムとして確立され、生涯学習のスタンダードになっている。







Posted by Masayuki Ohashi.\(^o^)/

0 件のコメント:

コメントを投稿

学習計画と実績表

学習計画と実績表
Google Docを使用しました。